診療科目

ホーム > 診療科目 > 消化器内科 > 食道 > 胃食道逆流症-症状・診断

胃食道逆流症-症状・診断

胃食道逆流症の症状

 胃食道逆流症の症状には①食道に由来すると考えられる定型的症状と、②食道以外の臓器でおきる非定型的症状があります。

 

①   定型的症状とは胃酸の逆流に伴う症状のことで、胸焼けと呑酸があります。

胸焼け...胸骨の後ろに感じる灼熱感(焼けるような感じ)のことです。酸性の胃液が食道に逆流して起きる症状です。もやもやした感じ、むかむかする感じ、何か上がってくる感じ、痛み(胸痛)を同時に感じる感じることがあります。食道が非常に敏感になっている場合は、胃液の逆流がなくても起きることがあります。

呑酸...胃酸の逆流が喉や口まで及ぶと、喉や口に酸味や苦味を感じることがあります。

 

②   非定型的症状      

  • 食道症状

つかえ感...ものをもみ込んだときのつかえる感じです。

胸痛...狭心症や心筋梗塞と似たような胸が締めつけられるような痛みを感じることがあります。食道への強い酸の刺激によります。狭心症は運動後に、GERDによるものは食後に起きることが多いとされます。しかし、必ずしも明確に区別できるわけではありません。

  •  食道外症状

喉の症状...喉の違和感や何か詰まっている感じ。声のかすれ。

咳に関連した症状...慢性的な咳や喘息の原因になることがあります。逆流による食道への刺激、逆流したものに一部が気管支に吸い込まれて(誤嚥)おこります。ただし、喘息や気管支炎などでもおこります。また、食道炎の治療を行うと喘息の症状が改善する場合もあります。しつこい咳が続く場合は一度、医師にご相談ください。

  • その他の症状

睡眠障害...GERDの患者さんでは睡眠障害がしばしば認められます。夜間の逆流により目が覚める、あるいは逆流の原因にもなる肥満により睡眠時無呼吸症候群なるため、などが原因と考えられています。
中耳炎...まれに、中耳炎の原因になることがあります。
虫歯...口のなかまで逆流がおきると虫歯の原因となることがあります。

GERDの自覚症状100.png



















胃食道逆流症の診断
 GERDの診断は、①胸焼け、呑酸などの自覚症状、②食道内視鏡検査で行います。補助的な診断法として③24時間pHモニタリングや ④PPIテストを行うこともあります。

①自覚症状による診断(問診)

 胸焼けと呑酸はGERDに特徴的な症状です。この2つの症状があればGERDと診断します。胃の痛みやもたれた様な症状、喉の症状、咳など一見食道とは関係のなさそうな症状をきたすこともあり注意が必要です。
 GERD診断用の自己記入式アンケートを使用する場合もあります。この問診アンケートは治療の効果鑑定にも有用とされています。

GERD問診票1.gif

自己問診票10.gif



















































 自己記入式アンケート → FSSG問診票.pdf

②内視鏡による診断
 内視鏡はGERDの診断には極めて重要な検査です。GERDを疑う場合には、食道炎(ただれ)の有無と重症度の確認が必要です。また、がんなどの悪性疾患や他の病気がないことを確認するためにも、一度は内視鏡検査を受けることが勧められます。内視鏡で特に異常がないのにGERDの症状がある場合は、非びらん性胃食道逆流症(NERD)と診断します。

LA分類1.png
LA分類2.png























③24 時間 pH モニタリング検査
 専門的な検査ですが、食道への酸の逆流状況を連続的に観察する 24 時間 pH モニタリング検査というものがあります。先端に小さな pH 測定装置のついた細い管を鼻孔から食道内に入れて 24 時間にわたって食道内の pH を測定します。

 症状の出方と逆流の状況の関連から、検討解析します。食事や睡眠など、通常の生活をおこないながら検査します。専門的な施設でしかおこなっていません。

④PPIテスト

 GERD 治療の代表的な薬剤である酸分泌抑制薬のプロトンポンプ阻害薬(PPI)を短期間、試験的に投与することにより症状の改善があるかどうかをみる方法です。通常は PPI を約 2 週間使用して、胃酸の分泌がほとんどなくなった状態にして、症状が改善したかどうかの反応をみます。症状がよくなる場合には胃酸逆流による病気、すなわち GERD と診断します。薬剤を内服するだけで、食道に器械を入れたりしない簡単な方法です


  目次  戻る  次へ


CONTENTS