診療科目

ホーム > 診療科目 > 内科 > 脂質異常症 > はじめに > 脂質異常症とは

脂質異常症とは

脂質異常症とは

 血液中にはコレステロールや中性脂肪が含まれています。そのバランスが悪い場合が脂質異常症です。

 脂質異常症には血液中のLDL(悪玉)コレステロール中性脂肪(トリグリセライド)が多くなる場合とHDL(善玉)コレステロール少なくなる場合があります。

 

 脂質異常症をほうっておくと血管の動脈硬化が少しずつ進んでいき、やがて心筋梗塞脳卒中などの深刻な病気が引き起こされることになります。

 

 以前はHDLコレステロールが高い場合も含めて「高脂血症」と呼ばれていました。当時は診断基準に総コレステロール値も含まれていました。

しかし、日本人の場合は善玉のHDLコレステロールが高いために総コレステロールが高くなっている場合もかなりあることが分かり、2007年より誤解をさけるため「脂質異常症」と呼び名に変更されました。また、診断基準から総コレステロールが外されています。

 

脂質異常症の診断基準

  • LDL(悪玉)コレステロール:140㎎/dl以上
  • HDL(善玉)コレステロール:40㎎/dl未満
  • 中性脂肪(トリグリセライド):150㎎/dl以上

 

このいずれかに当てはまる場合が脂質異常症と診断されます。

 

脂質異常症はなぜ危険?

 高脂血症それ自体では通常、何か特別な症状(自覚症状)がある訳ではありません。その状態が長く続くと動脈硬化が密かに進行し、ある日突然「脳梗塞」「心筋梗塞」などを引き起こします。

 特にLDL(悪玉)コレステロールは動脈硬化を引き起こす原因(リスクファクター)のうち最も危険な因子とされています。

CONTENTS