診療科目

ホーム > 診療科目 > 内科 > 高血圧 > はじめに > 日本人と高血圧

日本人と高血圧

 高血圧は日本で最も多い患者数を有する生活習慣病です。2010年の厚生労働省の統計によると30歳以上の日本人男性の60%、女性の45%が高血圧と判定されています(図1-1)。

 

 また、別の統計(NIPPON DATA)によると高血圧有病者数は4300万人(男性2300万人、女性2000万人)と推定されています(図1-2)。まさに、高血圧は国民病と言えます。

1-1)高血圧患者の割合×0.8.png
1-2)高血圧は国民病×0.8.png

 

 























【ページの移動】
  日本人と高血圧    高血圧はサイレントキラー 
  日本人の死亡原因   
高血圧のリスク  
  血圧はコントロールできる






CONTENTS