診療科目

ホーム > 診療科目 > 内科 > 一般内科 > 感染症 > 成人の溶連菌による咽頭炎

成人の溶連菌による咽頭炎

単なる「風邪」「のどの風邪」ではない! 
本当は怖い溶連菌感染症


 溶連菌
とは正式にはA群β溶血性連鎖球菌のことです。上気道炎や化膿性皮膚感染症などの原因菌としてよくみられるグラム陽性菌で、菌の侵入部位や組織によって多彩な臨床症状 を引き起こします。

 溶血性とはヒツジ赤血球加血液寒天培地の赤血球を壊す(溶血)という意味です。その溶血パターンにより、α(部分溶血し緑色)、β完全溶血し無色)、γ(非溶血で赤色)に分類されています。

 連鎖球菌とは液体培地で培養すると球状の菌が鎖状に繫がっていることから名付けられました。

 また、細胞壁の多糖体の抗原性によりLancefield A〜H 群、K~T群に分類されています。本疾患の原因菌はこのうちのA群に属します。

 A群β溶血性連鎖球菌とは、Lancefield分類A群でβ溶血性の連鎖球菌のことで、感染症を引き起こす頻度が最も高い菌の一つで、感染力が非常に強く、しばしば流行を起こします。また、80種類以上の異なる抗原性(M蛋白)を持っていて、繰り返しかかることがあります。

 日本では、一般的に「A群β溶血性連鎖球菌」のことを
「溶連菌」と呼んでいます。また、この菌は様々な化膿性疾患に関与しており、
化膿レンサ球菌Streptococcus pyogenes )とも呼ばれています。

A群β溶血性連鎖球菌.png














溶連菌による疾患

 日常よくみられる疾患として、急性咽頭炎・膿痂疹・蜂巣織炎、あるいは特殊な病型として猩紅熱があります。これら以外にも、中耳炎・肺炎・化 膿性関節炎・骨髄炎・髄膜炎などがあります。また、菌の直接の作用でなく免疫学的機序を介して、リウマチ熱急性糸球体腎炎を起こすことがあります。 さらに、発症機序・病態生理は不明ですが、軟部組織壊死を伴い敗血症性ショックを来たす劇症型溶血性レンサ球菌感染症(レンサ球菌性毒素性ショック症 候群)があり、重篤な病態として問題となっています。

イチゴ舌.png














 ここでは、感染症法下における感染症発生動向調査で4類感染症定点把握疾患となっている、A群溶血性レンサ球菌咽頭炎について説明します。

疫 学
 A群溶血性レンサ球菌感染症は温帯地域では普遍的な疾患です。亜熱帯地域でもみられるが、熱帯地域ではまれな疾患です。

 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎はいずれの年齢でも起こります。なかでも、学童期の小児に最も多く、3歳以下や成人では典型的な臨床像を呈することは少なくなっています。季節間での発症は、冬季および春から初夏にかけての2 つのピークがあります。年単位では発生数は増加傾向です。ただし、迅速診断キットの普及などで診断技術が向上したことによる可能性もあります。

感染経路 

  • 患者からの感染:おもに次の2つがあります。
    1. 「飛まつ感染」...患者の咳やくしゃみなどのしぶきに含まれる細菌を吸い込むことによる感染
    2. 「接触感染」...感染者の手や触った物を触れることにより手が汚染され、その手で口や鼻を触ることによる感染

ヒトとヒトとの接触の機会が増加するときに起こりやすく、保育園・幼稚園・学校などの集団感染や家庭内での感染が多いようです。感染性は急性期でもっとも強く、その後徐々に減弱します。急性期の兄弟間では25%と高い感染率です。一方、潜伏期での感染性については不明です。

  • 健康保菌者からの感染:咽頭培養を用いた 研究などによる推定では、健康保菌者は15 〜30%と推定されています。しかし、彼らからの感染・発症はまれです。

臨床症状 

 潜伏期は2〜5日。突然の発熱と全身倦怠感、咽頭痛によって発症し、しばしば嘔吐を伴います。咽頭は浮腫状で扁桃は浸出を伴い、軟口蓋の小点状出血あるいは苺舌がみられることがあります。

 猩紅熱の場合、発熱開始後12 〜24 時間すると点状紅斑様、日焼け様の皮疹が出現。針頭大の皮疹により、 皮膚に紙ヤスリ様の手触りを与える(sandpaper rash )ことがあります。特に腋窩、ソケイ部など皮膚のしわの部分に多く、これに沿って線が入っているようにみえる(Pastia's sign )こともあります。顔面では通常このような皮疹は見られず、額と頬が紅潮し、口の周りのみ蒼白にみえる(口囲蒼白)ことが特徴的。 また、舌の変化として、発症早期には白苔に覆われた舌(white strawberry tongue )がみられ、その後白苔が剥離して苺舌(red strawberry tongue )となる。1週目の終わり頃から顔面より皮膚の膜様落屑が始まり、3週目までに全身に広がる。

 合併症として、肺炎、髄膜炎、敗血症などの化膿性疾患、あるいはリウマチ熱、急性糸球体腎炎などの非化膿性疾患を生ずることもあります。

病原診断
 咽頭培養により菌を分離することが基本ですが、A 群多糖体抗原を検出する迅速診断キットも利用できます。迅速診断キットの特異度は一般的に高く、また感度は80%以上ですが、抗原量すなわち菌量に依存するため、咽頭擦過物の採取方法が重要です。
 血清学的には抗streptolysin‐O 抗体(ASO)、抗streptokinase 抗体(ASK)などの抗体上昇を見る方法があり、診断の参考になります。

治療

 治療にはペニシリン系薬剤が第1選択薬です。ペニシリン系薬剤にアレルギーがある場合には、エリスロマイシンが適応となり、また第1世代のセフェムも使 用可能です。いずれの薬剤も少なくとも10~14日間は確実に服用することが必要です。除菌 が思わしくない例では、クリンダマイシン、アモキシシリン/クラブラン酸、あるいは第2世代以降のセフェム剤も使用されます。

予防
 溶連菌に有効なワクチンはありません。また、溶連菌には抗原性(M蛋白)が異なる80以上の菌種があるため、繰り返しかかることがあります。予防としては患者との濃厚接触をさけることが最も重要であり、うがい、手洗いなどの他の感染症と同じです。飛沫感染予防のためマスクも有用です。接触者に対する対応としては、集団発生などの特殊な状況では接触者の咽頭培養を行い、陽性であれば治療を行います。

 登園・登校、職場復帰に関しての明確な規定はありません。一般的には抗生剤を1~2日服用し熱が下がれば、他への感染の恐れはないとされています(ただし、合併症予防のため10~14日間は抗生剤の服用を続けてください)。社会人の場合も、同様と考えてよいとされています。

 

 

CONTENTS