診療科目

ホーム > 診療科目 > 禁煙 > たばこと健康 > たばこと寿命

たばこと寿命

喫煙者の死因

 英国の報告によると、たばこを吸う人の2人に1人が、たばこが原因で死亡しているとのことです。しかも、その半数は70才位までの中高年のうちに亡くなります。喫煙者の死亡率は非喫煙者の約2倍で、平均寿命は10年短いとされています(英国医学誌2004)。

喫煙者の死因.png














たばこと寿命

 下の図は、「喫煙者の死因」の根拠になった研究報告です。英国で35才以上の男性医師(約3万4千人)の喫煙状況やその他の生活習慣と生死の関係を1951年より50年間追跡調査しています。

 それによると、非喫煙者は70歳81%、80歳59%、90歳で25%の人が生存しています。それに対して、喫煙者は70歳58%、80歳26%、90歳ではわずか4%しか生存していません。

 そして、喫煙者の死亡リスクは75歳位までは非喫煙者の約2であり、平均寿命は10年短いことが示されています(英国医学誌2004)。

喫煙者と非喫煙者の生存率.png















たばこ1本で10分寿命が縮む

 この研究報告をもとにすると、たばこ1本で「寿命が10分短くなる」ことになります。

喫煙者は10年早死に.png


















世界の禁煙ポスターはリアル刺激的です。
気の弱い方は見ないでください!

たばこを止めよう.png
ようこそ死の世界へ.png

CONTENTS