診療科目

ホーム > 診療科目 > 禁煙 > 禁煙外来 > 禁煙外来とは

禁煙外来とは

        
当クリニックでは来禁煙外を開いています

 たばこの煙には多数の有害物質が含まれており、肺がんや肺気腫だけでなく、全身のがん、狭心症や心筋梗塞、脳梗塞や脳出血など様々な病気の原因になります。毎年たばこにより全世界で毎年600万人、日本では12万人が命を落しています。

  今までたばこを吸っていた方が禁煙すると、これらの病気で死亡するリスクは年々少なくなります。ご家族や周りの方も間接的なたばこ煙を吸わなくてもよくなり、病気や不快な思いから遠ざかることができます。今までたばこに使っていたお金を貯金に回せば家計は大いに助かるでしょう。

 たばこが有害であると分かっていてもなかなか止められないのは、たばこに含まれているニコチンに強い「依存性」があるからです。禁煙外来では「ニコチン依存症」の治療として12週間のプログラムに基づいて禁煙治療を行っています。

 目次  戻る 次へ

CONTENTS