院長の独り言

ホーム > 院長の独り言 > 2014年 > 人間ドック学会の血圧基準範囲 ー その問題点

人間ドック学会の血圧基準範囲 ー その問題点

2014年6月
.はてなpng.png
人間ドック.png

人間ドック学会の血圧の基準値:147/94とは

 つい最近、日本人間ドック学会と健康保険組合連合会(以下、健保連)は血圧や血糖値、コレステロール値、肥満度などについて健康診断や人間ドックで「異常なし」と判定する新たな基準範囲を策定すると発表しました(2014年4月7日)。

 

 それによると、血圧の基準範囲は「収縮期血圧:88~147、拡張期血圧:51~94」となります。これは、従来同学会が定めていた正常血圧の基準値「収縮期血圧130未満、拡張期血圧85未満」と大きく異なっています。また、日本高血圧学会の定める正常域血圧の基準値「収縮期血圧140未満、拡張期血圧90未満」とも異なります。

 

マスメディアの報道は

マスコミ.png

 この人間ドック学会の発表を受け、マスメディアでは下記の様に大きく取り扱っています。

  • 「血圧147は健康」で「病人1800万人減」のカラクリ。「医師」「学会」「製薬会社」のカネ儲けのための「命」。今まで我々は「病人」扱いされ薬漬けにされてきたってことか!?(週刊ポ○○)
  •  超いい加減な健康基準値、大変更! 「血圧」「血糖値」「コレステロール」 これが正常と異常の分岐点です。(週刊現○)
  •  降圧剤で殺されないための5つの心得。「血圧147健康値」の真実。(週刊文○)

 

 なぜ、こんなことになったのでしょうか? 血圧の基準値(基準範囲)に対する考え方が高血圧学会と人間ドック学会では全く異なるからです。マスメディアはそれを理解できていないようです。

 

人間ドック学会の血圧の基準範囲とは

 人間ドックを受けた約150万人の中から、「いわゆる健康人」を選びだしました。いわゆる健康人とは、下記の通りです。

 いわゆる健康人の条件

  • 下記の病気をしたことがある人や入院したことがある人を除く

      悪性腫瘍、慢性肝疾患、慢性腎疾患など

退院後1か月以内

  • 下記の人を除く

薬を常用している人(高血圧、糖尿病、脂質異常症、高尿酸血症等の疾患の治療のため)

B型肝炎・C型肝炎の人

  •  非肥満(BMI:25未満)、喫煙なし、飲酒1合未満、血圧130/85未満


 その結果、約34万人が「いわゆる健康人」と判定されました。その内、約1/7の集団を無作為に選びだし、さらに統計的な処理を行い最終的に「超健康人(スーパーノーマルの人)」を約1万~1万5千人選びだしました。その「超健康人」の個々の検査値から基準範囲を求めました。



はかり.png

超健康人の血圧の基準範囲

 人間ドック学会の「いわゆる健康人」の条件のうち「非肥満と血圧に関する基準:130/85未満」を除外し、他の項目が「いわゆる健康人」と判定された人を選び出しました。そのグループの血圧値の分布を正規分布となるように統制処理しました。

 正規分布は通常下図の様に釣鐘状の形をとります。そして、釣鐘の中心部の面積が全体の95になる区間(95%信頼区間)を求めます。その両端にあたる部分の血圧値が基準範囲となります。

 その結果、基準範囲の両端の血圧は収縮期が88~147、拡張期が51~94でした。これによると収縮期血圧:147、拡張期血圧:94でも正常血圧です(図1)。これを超えると高血圧ということになります。

血圧の基準値.png



















人間ドック学会の主張する血圧の基準範囲に関する問題点

問題点.png

 医学の世界では血液検査などの基準範囲を決めるには、一般的に上記の方法が用いられます。また、その方法の妥当性も認められています。

 しかし、この方法で血圧の基準範囲を決定することには、下記のような問題があります。

 

  1. 血圧の基準範囲内にいる集団(人)が健康であるという根拠はどこにもない。
  2. 健康と考えられた集団(人)の大多数がこの範囲内であったという事実だけである。
  3. さらに、「将来の病気の発生や死亡が少ない」ということを予測する根拠はない。
  4. 「いわゆる健康人」の条件、そのものに問題がある。

 

人間ドック学会も1,2,3に関しては問題があったことを認めており、「4月4日報道機関へ公表した内容について」と題する声明を発表しています(4月7日)。要約すると以下の通りです。

 

  • この基準範囲は「いわゆる超健康人(スーパーノーマルの人)はこの検査値の範囲内にある」ことを意味するもので、各専門学会がガイドラインで示す疾患判別値とは異なる。
  •  あくまで中間報告に過ぎない。この基準値が妥当かどうかさらに検討する必要がある。

 

 この基準範囲の決め方は、いわば「いわゆる超健康人」の幅の広い平均値を意味しているに過ぎません。また、「中間報告に過ぎない」「さらに検討する必要がある」とは、単に仮説に過ぎないということです。

 

 このように、人間ドック学会の今回の発表は、いわゆる「見当違いの考え方」「勇み足」であったといえます。その裏には、増え続ける医療費に対する健保連と厚生労働省の思惑(*1)や人間ドック学会の存在感を顕示する必要性(*2)があったのかもしれません。

 

 しかし、真の問題点は4にあります。すなわち、高血圧、糖尿病、脂質異常症、高尿酸血症の人でも薬を常用していなければ「いわゆる健康人」となるということです。また、肥満度と血圧の基準値を決める時は、それぞれの条件を外していることです。

 

 また、正常血圧を130/85未満としながら、血圧に関してはこの条件を外しています(本文中に記載あり)。すなわち、あきらかに「高血圧、病気の人、健康ではない人」、または「その可能性のある人」が「いわゆる健康人」に組み込まれている可能性があります。そのような「いわゆる健康人」から導かれた血圧の基準範囲にはたして意味があるでしょうか?

日本高血圧学会の見解

 日本人間ドック学会と健保連の報道に対して、日本高血圧学会は4月14日付けで「高血圧学会から国民の皆様へのお願い」というタイトルで、異例ともいえる声明を発表しています。要約すると次の様になります。

 

  • 平成26年4月1日に高血圧治療ガイドラインを訂正したところである。
  • 高血圧の判定基準は140/90㎜Hg以上で変更はない。
  • 今回の報道で「正常」という値が複数存在するようになり、混乱が懸念される。
  • 国民の皆様および医療従事者に「高血圧という病気とその治療の必要性」について改めて正しい理解を求めたい。
  • 高血圧の基準である収縮期血圧140と拡張期血圧90、共にその基準を下回るときに「正常域血圧」とする。
  • 正常域血圧はさらに「至適」「正常」「正常高値」と3つに分類される。
  • 至適血圧を超えて血圧が高くなるほど、全血管病、脳卒中、心筋梗塞、慢性腎臓病の発症リスクと死亡リスクが高くなる。
  • 高血圧を治療することで心血管病の発症リスクが減ることが確認されている。
  • 「血圧140/90㎜Hg以上は高血圧」は全世界共通で、原則として治療の対象になる。

血圧値の分類.png
血圧値の分類B.png
死亡率.png

 















































NO.png

高血圧学会から人間ドック学会の「正常血圧」に対してのコメント

  • 95%信頼区間による検査値の基準範囲の設定に関する考え方は妥当である。
  • しかし、あくまで健康と思える人の検査(血圧)の基準値にすぎず、健康を保証するものではない。
  • また、現在および将来の心血管疾患などの「病気のリスク」や「治療の必要性」に関しての検討がされていない。
  • 人間ドック学会の正常血圧の中には収縮期血圧140~147、拡張期血圧90~94が含まれている。
  • この範囲内は少なくとも「要再検査」レベルであり、「要治療」の人も含まれている可能性がある。

 

日本高血圧学会による高血圧治療ガイドライン                                   

  • 140/90以上は高血圧であり原則として治療対象である。降圧目標は140/90未満を基本とする。
  • 75歳以上の人は少し緩めに、糖尿病や蛋白尿のある慢性腎臓病の人などはより厳しく血圧を管理する必要がある。
  • これらは膨大な研究成果をもとに決定されたもので信頼するに足る診断・治療の指針である。
  • 高血圧治療が必要な人は、医師の指導のもとに適切な血圧の管理が望まれる。



おわりに

道しるべ.png

 今回、人間ドック学会と健保連は血圧の基準範囲を収縮期血圧:88~147、拡張期血圧:51~94への変更を検討中のようです。しかし、この基準範囲はあくまで仮説の段階であり、根拠がありません。血圧の「正常値」が複数存在することは多くの方に不安と混乱を与えることになります。

 

 高血圧学会に続き日本動脈硬化学会も「人間ドック学会の"基準範囲"は国民の健康に影響を及ぼしかねない。誤解を与えないよう直ちに適切な対応をお願いしたい」との声明を発表しています。

 一部のマスメディアが今回の新基準範囲を、あたかも「決定された」「正しいこと」のように報道し混乱に拍車をかけています。いつものことながら、困ったものです。

 

 マスメディアは「患者よ、○○と闘うな」とか「血圧は高めの方が長生きする」「コレステロールは高めの方が長生きする」などと主張する、その方面で活躍中の著名人を引っ張りだしコメントを掲載しています。しかし、彼らが引用する研究・論文は医学界で広く支持されたものではありません。かなり非科学的で偏見に満ちています。

 

 重ねて言います。今回の人間ドック学会と健保連の見解は、あくまで仮説であり根拠がありません。さらに、基準範囲の設定方法そのものに問題があります。明らかに間違った方法です。間違った方法で正しい結果が得られるとは到底考えられません。しかも、それを途中段階で発表するなんて...。非科学的であり無責任です。

 言論の自由とはいえ、それを「決定された」「根拠がある」ことのように報道する一部のマスメディアや反医療を主張する面々は、いつもの事ながら困ったものです。これらの報道により、通院・治療が必要な人が「自らの判断で」薬の服用や通院を中止しないよう切にお願いしたいと思います。

 

註解

*1)高血圧の基準値を引き下げると高血圧患者が多くなり、結果的に医療費を押し上げることになる。

 

*2)人間ドック学会は医学界ではマイナーな学会であまり存在感がありません(関係者の方々 ゴメンナサイ)。人間ドックは外国にはない日本独自のシステムです。人間ドックが国民の「健康の増進」「病気の早期発見・予防」に貢献しているかどうか疑問視する声もありました。したがって、人間ドックの存在意義を実証する必要があったようです。また、厚生労働省や健保連から「医療費削減」という圧力があったのかも知れません(あくまで憶測です)。

 目次 戻る 次へ

CONTENTS