診療案内

ホーム > 診療案内 > 検査 > 大腸内視鏡 > 大腸内視鏡 Q&A

大腸内視鏡 Q&A

大腸内視鏡検査とはどの様なものですか?

 大腸内視鏡検査とは先端にCCDという超小型で高感度の電子撮像素子のついたビデオスコープ(内視鏡)をおしり(肛門)から挿入して大腸(直腸・結腸)を詳細に観察する検査方法です。この検査で大腸がん、大腸ポリープ、大腸憩室、炎症性腸疾患など直腸・結腸の疾患を観察・診断します。

 大腸内視鏡では必要に応じて生検等の検査や治療としてポリープの内視鏡切除を行うこともできます。

 

大腸がんの予防と早期発見・早期治療によい方法はありますか?

 近年、食生活の欧米化などもあり大腸がんは増加傾向です。この20年間で大腸がんによる死亡数は約2倍に増加しています。女性ではがんによる死亡原因の第一位です。

 大腸がんの早期発見には便潜血反応検査が有効です。この検査は大腸がん検診として広く普及しています。40歳以上の方であれば市町村の大腸がん検診として受けることができます。便潜血検査で陽性となった方は大腸内視鏡検査を受けることを強くお勧めします。

 大腸がんはある程度進行してしまうまで自覚症状がありません。大腸がんは早期発見できれば内視鏡での治療も可能です。そして、ほぼ100%完全に治すことができます。大腸内視鏡はまだ出血に至らず便潜血検査で検出できない、ごく早期の大腸がんも発見できます。また、がん化する恐れのあるポリープを内視鏡で切除することにより、がんを予防することができます。

大腸内視鏡は大腸がんの早期発見と予防に大変有用です!

 

大腸内視鏡検査-お勧めの人は?

次の様な方に大腸内視鏡検査をお勧めします。

  • 健康診断で便潜血反応が陽性だった。
  • 血便が出る。
  • 便が以前より細くなった。
  • 下痢と便秘を繰り返す。
  • 大腸ポリープがある。
  • 大腸ポリープを切除したことがある。
  • 大腸がんの手術を受けたことがある。
  • 大腸がんが心配である。
  • ご家族に大腸がんになった方がいる。

大腸内視鏡検査の危険性・偶発症は?

 大腸内視鏡検査や前処置、ポリープ切除などの内視鏡的手術には偶発症があります。感染、出血(頻度はおよそ1%)や腸に穴があく(穿孔:頻度はおよそ0.1%)などが代表的な偶発症です。また苦痛の少ない内視鏡検査を行うために使用した鎮痛剤・鎮静剤による血圧低下・呼吸抑制などの偶発症もあります。

 大腸内視鏡検査は残念ながら100%安全な検査ではありません。万が一、これらの偶発症がおきた場合は最善の処置・治療をさせて頂きます。場合により連携する病院を受診して頂くことや、入院治療や緊急手術が必要となることがあります。これらの説明に納得・同意して頂いた場合、大腸内視鏡・同意書に署名をして頂きます。

 大腸内視鏡に伴う偶発症はおきる場合、通常は治療当日から3日以内に起きることが多いとされています。ただし、1週間~10日位後に起きることもあります。従って、その間は遠方への出張や旅行(特に海外)はお控えください。また、アルコール飲料の摂取や重労働・激しいスポーツなどもお控えください。

大腸内視鏡前の問診・診察・検査は必要ですか?

  • 内視鏡を安全に受けて頂くため、あらかじめ問診、診察、検査が必要です。

  • ワーファリン・プラザキサ・イグザレルト・エリキュース、リクシアナ、バイアスピリン・バファリン・プラビックス等の血液をサラサラにする薬を服用している方は大腸内視鏡問診表にご記入の上、看護師にその旨お伝えください。
  • 検査や処置(生検やポリープ切除)を安全に受けて頂くため、腹部レントゲン検査と血液検査させていただきます。

 

大腸内視鏡の費用はどの位かかりますか?

3割負担の方のおおよその目安です

  • 初診時:およそ5,000円前後
  • 内視鏡検査のみの場合:およそ5,000円前後
  • 生検(組織検査)を行った場合:13000円~2万円前後
  • ポリープの内視鏡切除を行った場合:24000円~3万円前後

 *大腸内視鏡の費用以外に診察料等が必要です。

  検査・処置内容により多少の増減があります。

 

 

くにちか内科クリニック