診療案内

ホーム > 診療案内 > 予防接種 > インフルエンザ予防接種

インフルエンザ予防接種

平成29年度 インフルエンザ予防接種期間
定期予防接種期間(札幌市の高齢者インフルエンザ予防接種期間)

  • 平成29年10月1日~平成30年1月31日(1か月間の延長)

  ※今年度はワクチンの製造及び流通状況により平成30年1月31日まで期間延長となっております

 → 平成29年度高齢者インフルエンザ予防接種のお知らせ.pdf

  • リンク

  高齢者インフルエンザ予防接種のお知らせ(札幌市)

当院での予防接種対応期間 

  • 平成29年10月1日より平成30年の流行期が過ぎるまで
  • 予防接種専用時間がある期間*

  平成29年11月11日(土)~12月9日(土)
   火、金...17:00~17:15  
   土...12:30~12:45
 
*風邪等の感染や混雑をさけるため、インフルエンザワクチン接種専用時間を設けております。
  通常の診療後の接種開始となります。お待ち頂くことがございます。ご了承ください。

 受け付け時の混雑解消のため、可能な方はあらかじめ上の予診票をダウンロードし必要事項を記入の上ご来院ください。

 
接種料金

2016高齢者用インフルエンザ予防接種のお知らせ.png



















インフルエンザ・ワクチンの変更について

 冬に流行するインフルエンザにはA型とB型があります。これまで、インフルエンザワクチンはA型2種類とB型1種類に有効でした。平成27年度よりA型2種類とB型2種類に効果があるものに改良されました。

 これに伴う製造各社のワクチン販売価格の値上げを受け、平成27年度から札幌市での定期予防接種料金が上記のように改定されました。また、当クリニックでの任意予防接種料金も上記の通りとさせて頂きました。ご理解の程、よろしくお願いいたします。


予防接種とは

 予防接種には、予防接種法にもとづき市町村が実施する定期予防接種とそれ以外の任意予防接種があります。

 定期予防接種は、対象となる疾病にかかりやすい時期を考慮して接種対象者が決められており、接種対象者(保護者)は予防接種を受けるよう努力する義務があります。対象者の接種費用は原則無料です(高齢者用インフルエンザワクチン及び高齢者用肺炎球菌ワクチンを除く。)

 任意予防接種は、接種者や保護者の判断により接種するものです。接種費用は自己負担となります。

接種の回数

  • 生後6カ月~13歳未満:2回
  • 13歳以上:1回または2回*

*65歳以上および基礎疾患を有する60~64歳に対する定期予防接種では1回。
 13歳~60歳未満では1回または2回。接種希望者の判断や接種医の判断による。